抗がん剤 副作用

明細胞腺卵巣がんです。

DC療法からCPT-P療法に変更(o_o)

昨日 DC療法2クール目の予定が

初回のTC療法に引き続きDC療法でも

神経障害が酷く出たので、

CPT-P療法に変更することになりました。


CPT-P療法(イリノテカン+シスプラチン)

特に注意が必要な副作用

○骨髄抑制

○高度な下痢

○急性腎不全

○吐き気 嘔吐

骨髄抑制が強く出るそうなので、熱が出たら

すぐ病院へ来るようにと言われています。


点滴の量の多さに驚きました。


①ソルデム1輸液 尿量を増やすとともに

電解質を補う 1時間


②アロキシバック+デカドロン アレルギー反

応や吐き気を強力に予防 30分


③イリノテカン トポイラソメーゼI阻害薬作

用を持つ抗がん剤 90分


④マンニットールS 利尿剤 30分


⑤シスプラチン プラチナ系の抗がん剤 1時間


⑥ソルデム2本 尿量を増やすとともに電解質

を補う 2時間


外来で6時間半かかりました(_ _).。o○

グッタリ


CPT-P療法は 3週投与で1週休みですが、骨髄抑制が強いので スキップすることも多いようです。私の骨髄頑張って(><)


では 頭が重いので 少し横になります。

退院しました

DC療法1クール 6日目

突然の激痛(-_-;) 首や脇の下 脇腹が腫れて

触れるだけで ズキーン。

何とか耐えて 7日目の朝

トイレの前で倒れて 「もう ダメ…病院へ行く」主人に抱えられながら病院へ


採血をして ベッドで唸る「う~痛いぃ」


「すぐ入院してください。白血球が400

炎症反応も出て 熱が38度あります。」


その後の記憶はほとんど無く 気付いたら病室で点滴をしていた。


主治医の先生は、学会で出張のため 同じチームの偉い先生が担当してしてくださった。


身体中が痛くて涙が出てくる。私は痛みに強いほうだが、身体中 針で刺されているような激痛… TC療法の時と同じような症状がまた出た

これで、また発疹がでたら TCと同じようにDCも出来なくなる…

明細胞腺卵巣がんなのに…。これから どうなるんだろう

どうか アレルギー症状だけは出ませんように

発疹が出ませんように…


入院して3日間 点滴と抗生物質の注射と白血球を上げる皮下注射


私は タキサン系が合わず 酷い神経障害が出る体質のようで 痛みが強く出る珍しいタイプだと言われた。。゚(゚´ω`゚)゚。イヤだぁーどうなるのー


取り敢えず 発疹は出なかったので、DC療法を続けることになりましたが、薬を減量するそうです。


痛みに対しての薬は


トラムセット

リリカ

サインバルタが追加されました。それと精神安定剤の ソラナックス


痛みは軽減されますが、すごく眠いです。


退院してからも 薬が切れる頃には 痛みが出てくるので 朝と夜 決まった時間に薬を飲んでます。DC療法のほうが 痛みが長く続くし

骨髄抑制も強く 味覚障害も酷かったです。


副作用の出かたも人それぞれです。私は

珍しいタイプだっただけで、軽い方もいます。

どんな副作用が出ても 治療できることは有り難いことだと思って あと4クール(予定)頑張りたいと思います。


いつでも入院出来るように、入院セットの準備をこれからしておきます(。-_-。)


次は 5月15日 DC療法2クール目です。


今のうちに お刺身食べとこう〜